ダークソウル2 プレイ日記(7) 月の鐘楼編

ダークソウル2 プレイ日記(7) 月の鐘楼編前回は忘却の牢のボス、虚ろの衛兵を倒したところまででしたので、今回は続きと月の鐘楼です。

ボス戦の部屋から先に進みます。このあたり隠し扉だらけだなあ。個人的には、イベントとしての隠し扉の存在自体は否定しないけど、外見的にそれに気が付くようになんらかのサインを入れてほしかったなあと思う。でないと、すべての壁をいちいちチェックすることになってしまって作業感しか残らないんだよね。サインあるなら隠し扉じゃなくなるかもしれないけど、全体的に画面暗いし、注意してみないとわからないくらいのサインであれば、十分隠し要素として成立すると思うんだけど。

篝火(従者の間)に到着しました。しばらくはここを拠点にしてレベルアップします。爆発する亡者がこわい。十分レベルもあがったので先へ。梯子で下に降りて、ファロスの仕掛けを作動。ようやく月の鐘楼に入ります。ここは小人型の敵か。ダークソウルの世界観とは少し合わない気がするけどまあいいか。そんなに強くないし。屋上にあがって鐘を鳴らすと、下のフロアの鉄格子が上がって霧の中に入れるようになりました。ボス戦です。

ここもムービーなしでいきなりボス登場です。おー、ガーゴイルか(正しくは鐘守のガーゴイルです)。懐かしいな。しかもフィールドも屋根の上で1と同じなのでテンションあがる。でも、1とは違って最初から2体いるな。

とはいえ、知っている敵なので対応はしやすい。しばらく2体相手に戦っていたら、あれ?なんか敵の数増えてない?最終的に5体まで増えてしまいあえなく撃沈。いくらなんでも1対5はひどくないか。数増やせばいいってもんじゃないよな、と思いつつ再戦。

増えるんであれば先手必勝ということで、少しくらいの被弾は覚悟の上でガンガン攻撃を入れていく。同時登場数は3体くらいに収めることができたかな。2戦めで無事勝利です。レベルは101でした。

ボス倒したけど特に重要アイテムくれなかったので、もしかするとここはストーリー進行上関係なかったのかもしれない。

次は罪人の塔に行こうと思います。

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN – PS4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください