山本一郎「ズレずに生き抜く」を読んだ

いつもながらの軽快な語り口ですいすい読めた。

でもなあ、大変だ大変だいうものの、この人は十分裕福で余裕があるんだよな。十二分に成功者なんだよ。そういう人の大変さ、というのは一般人の大変さとはまた次元が違うわけでそういう極めて少数派のポジションから大多数に向けての話をされてもあんまり共感できなかったりする。

ズレずに生き抜く 仕事も結婚も人生も、パフォーマンスを上げる自己改革

ダークソウル リマスタード(34) 最終回まとめ編

最後に最終的な各種ステータスとメインの装備品です。

まずステータスは以下の通りです。

体力 35
記憶力 12
持久力 38
筋力 40
技量 40
耐久力 12
理力 18
信仰 25

基本的に40を上限に割り振りました。信仰が25あるのは太陽の誓約目的。理力はなんでこんなにあげたんだろう。忘れた。

次に装備品です。

右手武器1: 黒騎士の斧槍+5
右手武器2: コンポジットボウ+14
左手武器1: 黒騎士の盾+5
左手武器2:
防具: 紅のローブ、放浪のマンシェット、黒革のブーツ
指輪: 金、緑花

武器は序盤からずっとハルバードでやってきましたが、黒騎士の斧槍を入手してからはこれに切り替えました。ハルバードはたまに攻撃がすかされるのがストレスたまるので。盾はこれメインで、魔法防御の場合は紋章の盾、とにかく受けきりたいときはアルトリウスの大盾に変えてました。防具は正直、どれ選んでも差がなさそうなので、1周目の病み村やっている最中に毒沼対策で毒耐性高くて見た目よさそうなやつを適当に装備したまま、ずっと固定でした。

エリアはどれも印象深いけど、その中でもいくつかあげるとしたら、病み村とエレーミアス絵画世界かなあ。広さと高低差がバランスよくデザインされているのが好きです。

さて、次はダークソウルシリーズのなかでも評価の高い3に進もうかと思いましたが、同じシリーズを続けてやるとマンネリになってしまうので、発売されたばかりのイース セルセタの樹海:改をやることにしました。イースシリーズは大好きなので一通り押さえておきたいですし。

DARK SOULS REMASTERED (特典なし) – PS4

ダークソウル リマスタード(33) 3周目突入&トロフィーコンプ編

3周目に入りました。

あとやることは、シフとグウィンのソウルを使って武器を2つ作るだけ。素材にする武器は2周目中に+10まで強化済みなのでアノールロンド目指してどんどん進みます。なぜか貪食ドラゴンに勝てず5回ほどやり直しましたが、他はさほど苦労せず、あっという間にアノールロンドへ。

ショートカット開通も無視して、一直線に巨人の鍛冶屋に到着。ようやくこれでトロフィーコンプだ、と思ったら落とし穴が。詳細は長くなるので書きませんが、結論だけ書くと折れた直剣からはアルトリウスの大剣が作れないことが判明。直剣ってあるから直剣扱いになるかとおもいきや、だめでした(確認ミスの可能性もあるので断言はできませんが)

しょうがないからたまたま手持ちにあったロングソードを+5まで強化しましたが、+6にするには不死教区の鍛冶屋まで戻らないといけません。篝火間の転送もこの時点ではできないし、めんどくせー、と思いながら泣く泣く徒歩で不死教区まで戻ります。

さっさと+10にしてまたアノールロンド戻ろうと思いましたが、なぜか+6に強化できません。がーん、そうか種火が必要なのか。。。不要だと思ったからアイテムとってないよ。。

ということで再び泣く泣く今度は最下層へ。亡者コックの後ろの宝箱から大きな種火を回収しました。まだ浅い場所でよかった。。。

不死教区に戻って今度こそ+10まで強化します。そこから家路でアノールロンド城内の篝火に転送します。不死教区まで戻らないといけないことが判明してから、またここに戻ってくることを考えて意識的に篝火で休憩してこないようにしてきました。

これで無事にアルトリウスの大剣ゲット。トロフィーコンプです。楽しかったけど長かったな。

次回は最終回のまとめです。

 

DARK SOULS REMASTERED (特典なし) – PS4

ダークソウル リマスタード(32) 2周目終了

2周目終わりました。SLは130まで上がりました。

グウィン戦は楽勝かと思いきや5回ほどやり直しました。やっぱり戦い方を思い出すまで時間がかかります。あと、エスト瓶飲むタイミングが意外と難しい。タイミング間違えるとすぐ死ぬ。

トロフィーコンプまであと少しなので頑張ります。

DARK SOULS REMASTERED (特典なし) – PS4