ダークソウル2 プレイ日記(43) ヴァンクラッド編

古の竜を倒して巨人たちのソウルも5つ集まったので改めてヴァンクラッドを倒しに不死廟へ。

見かけはよぼよぼだけどさすが王様、攻撃力が半端ない。HP満タンでかろうじて1発耐えられる破壊力。スタミナ削りも凄いので盾受けは早々にあきらめて回避はローリングで対応。

左足付近に密着すればだいぶ楽に戦える。時々バックステップで距離をとってくるけど、ローリングでまた懐に飛び込めば密着できる。

5戦目くらいで勝利。レベルは215。武器は名工の金槌。

次はそろそろまたストーリー消化に戻ろうと思う。

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN – PS4

Number 993・994 桜の告白。Japan Rugby in Bloom

ラグビー日本代表特集。

2019年のナンバーMVP賞は文句なしにラグビー日本代表が受賞。ということでワールドカップを振り返る特集。個人的には稲垣啓太の少年時代を追った記事が面白かったな。ホッピングで遊んでいたら幼稚園の床が抜けたエピソードとか。

Number(ナンバー)993・994「桜の告白。ラグビー日本代表冒険記2019」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))

ダークソウル2 プレイ日記(42) 古の竜編

ストーリー消化からは一旦離れてトロフィー消化作業へ。

トロフィーの一つにヴァンクラッドを倒す、というのがあるが、こいつへのダメージは巨人たちのソウルの所持数によって変化するらしい。もちろん多ければ多いほど、といっても最大5つで上限に達するようだけど、与えるダメージも大きくなる。

したがって楽に倒すには巨人たちのソウルを5つ集めることが必要になる。普通にやっていると4つは集まるようだけど、残りの1つは祭祀場にいる古の竜が持っているということなので倒しに行く。というか、最初4つ持った状態でヴァンクラッドと戦ってみたのだけど、ダメージ量がしょぼすぎるので5個集めようと方針転換した次第。

再び祭祀場へ。古の竜はもともと敵対してないので、倒すのはちょっと気が引けるけどやむをえない。グレートソードで足元を1,2発殴って離脱、ブレスを回避、の繰り返しでなんとか勝てた。欲張って3,4発入れようと思うとダメだな。まあこれはこの敵に限らずダークソウル全般でそうだけど。欲張ると死ぬ。

レベルは214だった。これで巨人たちのソウルも5つ集まったので次はヴァンクラッド倒しに行く。

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN – PS4

衛藤美彩の「推しどこ?」感想

12本目は衛藤美彩編。どの回もそこまで衛藤が活躍している、という訳ではないが、初見のものが多くてそれなりに面白かった。コメンタリーは深川。可もなく不可もなくという感じ。

#99 「あまちゃん」に続け!地元愛を出して行こう!後編 & 全員終わっていなかった!乃木坂46生誕祭

  • 方言告白。最初は日村との寸劇だったけど、途中から一人での告白形式に。寸劇のほうが面白いのに。
  • 秋元の生誕祭。もともと童顔とは言え、子供のころから顔そっくり。感動ものにならず、面白VTRになっているのもよかった。

#101 家族に緊急アンケート うちの子 実は〇〇なんです!! 前編

  • 他のメンバーより優れている点。どれも親バカで面白すぎる。
  • 高山のハリーポッターものまねは通して見ると面白いが、さすがに長過ぎてカットだな。
  • 直したほうが良い点。割とリアルな意見が多くて、メンバーも反応に困ってた。

#105 堀の事を掘り下げよう! 堀に聞きたい10ぐらいのコト!

  • スカイラブハリケーンって初めて見る芸人だったけど、ググってみたらもう解散してた。
  • 堀を笑わせないといけない場面でのスカイラブハリケーンのコント。滑りまくるのが面白い。その後の日村の倍返しだあも最高。
  • 後半は初選抜の衛藤、中元、川後のトーク。3人とも細いなあ。川後は一番年下なのに物怖じせずにガンガン喋っていてすごい。

#117 第1回新春!乃木坂46かくし芸大会 後編

  • どのグループも完成度が高い。こういうのもう一度やって欲しいけど、売れてしまった今となっては練習時間取るのは無理そうだな。

#146 お土産選手権 in パリ

  • 私服姿でみんなかわいい。
  • 大和はドレスみたいなやつを着ていてちょっと場違いだった。
  • 日村の脇汗に西野がとても楽しそうにしていていい感じ。

衛藤美彩の『推しどこ?』 [DVD]

ダークソウル2 プレイ日記(41) 眠り竜の褥編

竜の聖璧攻略も一通り済んだので最下部の眠り竜の褥へ。

白い霧を抜けるとすぐボス戦。ここのボスは穢れのエレナ。こいつは1体か、と思いきや、スケルトンやヴェルスタッドなどを召喚してくる。また複数戦か、、、と思いながら何戦かしてみるも全然倒せない。複数戦嫌いなのに加えて、召喚されたやつを倒しても一定時間経過するとまた召喚してくるのでキリがない。ここはちょっと保留かなと思って、試しに死者の祠のほうを進めてみると、こっちもボス複数戦だ。しかもNPC3体で結構強い。

ここで気持ちも切れてシングル攻略はあきらめることにした。もうやってられるか。こっちもNPC呼ぶことにした。

エレナ戦はさっそく、エリーとバンホルトを召喚。うん、これならそれなりに勝負になるな。武器は火力重視でグレートソードを選択。敵の攻撃が闇属性なので闇晶石の指輪を装備。5戦目くらいで倒せた。レベルは212。

次のエリアもすぐボス戦。こちらは眠り竜シンというバカでかい単体のボス。単体だけどもう面倒になってきたので、ここもNPC召喚。エディラとフィーヴァを連れて全部で3人で挑む。ターゲットが分散されるだけでもだいぶ楽だな。こいつは装甲が硬いのか、武器の耐久度が異常に速く減って最後までもたない。最初、グレートソードで戦っていたけど、最後の方は壊れそうになってきたので、名工の金槌に切り替えて対応した。予備で持っておいてよかった。

こちらも5戦目くらいで倒した。レベルは213。これでこのエリアは完了。あとは死者の祠だけだけど、NPC3体戦が面倒なので寄り道してトロフィー攻略のほうを消化することにする。

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN – PS4