PCを自作した

特別給付金も振り込まれたことだし、何か盛大に使って経済に貢献しようと思い考えた結果、Windows PCを自作することにした。BTOでもよかったけど、せっかくだから色々自分でパーツを選んだほうが楽しいかと思って自作に。でも選ぶのも選択肢がありすぎて楽しさより正直面倒だなと思ってしまったので、次回はもう自作しないかもしれない。

スペックは以下の通り。

  • CPU AMD Ryzen 7 3700X With Wraith Prism cooler
  • M/B ASUS ROG STRIX B550-F GAMING(WIFI)
  • メモリ Crucial CT2K16G4DFD832A(16GB x2)
  • グラフィックボード MSI GeFORCE RTX 2070 SUPER VENTUS GP OC
  • SSD Seagate FireCuda520SSD 500GB
  • 電源 Seasonic FOCUS Plus 750 Platinum(SSR-750PX)
  • ケース NZXT H510i
  • OS Windows10 Home

テーマはハイエンドとミドルの中間。電源はこれでも大丈夫だと思うけど余裕をみて850Wにすればよかった。選ぶのに疲れて投げやりに選んでしまった。

前回自作してからなんと16年ぶり。組み立て手順はよくわからないけど今はYouTubeがあるから簡単に確認できて、さくさく進む。詰まったのはケースファンの電源接続。H510iはSmart Device V2というコントローラーが内蔵されているので、それを電源に繋げばいいだけなのだが、最初、マザーボードのほうに繋げようとしてしまってしばし悩んでしまった。

OSをインストールして一通り完了。何をするにも爆速なので感動する。WQHDの画面もなかなか綺麗で、これだったらMacから乗り換えてもいいかなと思ってしまった。

総額は20万円オーバー。すべてtsukumoで買った。ヨドバシやAmazonより安かったので。完全に給付金の額を超えているけど気にしないことにする。

ダークソウル2 プレイ日記(39) 魔術「見えない武器」入手編

DLC2が終わって一段落したので、ストーリー進行はちょっとお休みしてトロフィー回収を進めることにした。

手始めに入手が割と簡単そうな魔術「見えない武器」に挑戦。こいつは誓約「鐘守」をランク2にあげることでゲットできるらしい。オフラインの場合は陽の鐘楼に出現する狂戦士の闇霊を30体倒せばよいそう。ただし闇霊の出現はランダムなのでまともにやると篝火との往復がかなり面倒そうだ。

ググると「敵意の検知」を使うと割とスムーズに入手できるようなのでそれに従うことに。
手順は以下の通り。

  1. まず篝火「陽の鐘楼前」周辺の敵を枯らす。熔鉄城のレバーで床を上げ下げするエリアと梯子を登った先の鐘楼エリア両方。
  2. 篝火「陽の鐘楼前」で「敵意の検知」を実行
  3. 闇霊が出現している時は白い光が斜め横に飛んでいく。まっすぐ上に上がっていく時は出現していない。
  4. 出現しているときは梯子を上って上に行き、闇霊をサクッと倒して帰還用アイテムを使って篝火に帰還。出現していないときはその場で篝火にあたりなおす。

体感的には4,5回に1回くらい闇霊が出現する感じだろうか。これでも結構面倒かもしれないが、しないよりははるかにマシなので我慢して頑張った。

無事、入手できたので次回はストーリー進行に戻ることにする。DLC1かな。

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN – PS4

「機動警察パトレイバー」を改めて読んだ

今週は夏休みだけど新型コロナの影響でどこかに出かける雰囲気でもないので、自宅に籠もったまま。

せっかくだから何かまとまったものを読むかと思い、「機動警察パトレイバー」を通しで読むことにしてみた。昔、漫画喫茶で断片的に読んだことがあって、グリフォンとの初戦や篠原重工贈収賄疑惑あたりは記憶があるものの、結局最後はどうなったんだっけ?という状態でずっと気になっていたので。kindleで全22巻購入して一気に読む。

13号のエピソードとか全然記憶になかった。最後はちょっと不完全燃焼で終わってしまった気がするけど整合性とって綺麗にまとめるのは難しいんだろうな。でもこれで一通りのストーリーを理解できたのですっきりした。面白かった。

機動警察パトレイバー(1) (少年サンデーコミックス)