アンチャーテッド エルドラドの秘宝 プレイ日記(1) 中級クリア

昨年、プレイステーションストアでアンチャーテッドコレクションが無料配布されていたので、シリーズ唯一未プレイだったエルドラドの秘宝をやってみることにした。シリーズでこれだけやっていなかったので気にはなっていたのだけど、お金出すほどには面白くなさそう、という印象だったのでちょうどよかった。

最初は中級でスタート。ゲームシステムはもはや勝手知ったるものでサクサク進んであっさり1周目終わり。図書館内の謎解きだけはわからずに攻略サイト見てしまった。石像どうしが微妙に似ているので区別がつかなかった。手帳の絵からすぐに判別つくように石像のデザインはそれぞれ見るからに違うものにしてほしかった。

あとはアクション時のつかまり先が分かりにくい箇所が何か所かあった。ここ本当に飛び移れるの?という感じ。もっともこれは2作目以降はだいぶ分かりやすくなっていたので、それなりに改善要望があったんだろう。

あと意外だったのは、思いのほか戦闘が退屈だったこと。これまでのアンチャーテッドシリーズで戦闘が退屈だと感じたことはなかったけど、今作は同じ作業の繰り返しで退屈に感じるシーンが多かった。システム自体は他のシリーズと大きく違っているわけではないので、自分が慣れてしまっただけなのかも。

この後はプロで2周目予定。飽きなければプラチナトロフィーゲットまで頑張るかな。

 

【PS4】アンチャーテッド コレクション PlayStation Hits

テクテクライフ プレイ日記(7) ディスカバリー・コースを終了した

ディスカバリー・コースを契約終了した。

きっかけは先週のサーバートラブル。ログインすらできなくなってしまい、以前からそろそろ課金するのも微妙だなと思っていたのもあり、契約を一旦終了することにした。バックグラウンド塗りができなくなるので、しばらくとなり塗りだけで過ごそうと思う。

ちなみにログインできなくなってから3営業日くらいになるけど、いまだ復活せず。運営からはアカウントを特定したいのでプレイ情報を教えてくれと連絡があったけど、そもそもどのアカウントがログインできなくなっているかはサーバー側で分かるんだから、アカウント個別に作業するんじゃなくて、すべて一律に復活させればいいのにと思うんだが。

ダークソウル2 プレイ日記(53) まとめ

ようやくプラチナトロフィーが取れて、終わらせることができたので最終的なまとめ。

レベルとステータス

プレイは3周目のドラングレイグ到達まで。レベルとステータスは以下のとおり。

レベル 241
生命力 31
持久力 26
体力 38
記憶力 10
筋力 60
技量 44
適応力 30
理力 20
信仰 35

パワー重視のステふり。筋力60以上はなかなか攻撃力も上がらないようなので、他のステータスに適当にふってた。

装備

武器は最初は炎のロングソード。1周目終了まぎわから名工の金槌に変更。たまにボス戦で火力重視でグレートソード使ってた。

防具はガーディアンシリーズ一式。

敵が枯れる件

自分はこれはこれでありかなと思う。敵が枯れるとそのエリアを制圧した感じがでて気持ちいい。ボス戦もそこまでの道中で死ぬ危険がなくなるのでイライラしなくていいし。反面、入手できるソウルの量に上限ができるので、いつも以上にソウルのロストに慎重になった。結果、篝火から近い敵から少しずつ枯らしていくプレイスタイルになってしまい、エリアの攻略よりまず敵を枯らすことが目的になってしまったのはゲーム性を損ねるかたちになったのかもしれない。

敵配置やマップなど全体的に雑

自分はハイスペック版をプレイしたのでかなりマシになっているみたいだけど、ダークソウルやデモンズソウルと比べて、敵配置やマップなど全体的に雑な印象を受ける。例えばバジリスクは地下の光が当たらないところに生息するイメージがあるけど、普通に地上エリアに出てくるし、ダークソウルでは群れで行動していたけど、2では単体でも行動していて一貫性がない。あと、敵のサイズが全体的に大きい。ボスキャラはともかくMOBのサイズが自分とあまりに違うと世界観があわない。さらにサイズの大きいMOBは動きがのろいので緊張感が薄れる(まあ一発のダメージは大きいけど)。

マップもショートカット系のものがほとんどない。土の塔から熔鉄城への繋がりは不自然だし。

エリア

好きなエリアは隠れ港かな。地形を生かした高低差のあるマップは楽しい。あとDLC2の黒霧の塔もよかった。

嫌いなエリアはアマナの祭壇。遠距離から弓で撃っても複数体反応してしまうMOBが邪魔すぎる。あとはDLC3の璧外の雪原。

ボス

好きなボスはこれはもうダントツでDLC2の煙の騎士。正統派中の正統派で素晴らしい。

嫌いなボスはDLC1の穢れのエレナ。複数戦+他のボス使い回しという点で雑すぎる。

まとめ

こんな感じかなあ。ダークソウルに比べると全体的に雑さが気になるけど、ゲーム単体としては十分面白かったと思う。プラチナトロフィー取るまで続けることもできたし。さて、次は何をしようかな。

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN – PS4

ダークソウル2 プレイ日記(52) 誓約「太陽の後継」をランク2にあげる

いよいよ攻略もラスト。誓約「太陽の後継」をランク2にあげる。

ランク2にあげるのは奇跡「太陽の光の槍」を入手するため。これがないと奇跡が全部揃わない。ランク2にあげるには太陽のメダルを30個集める必要がある。オフラインの場合は敵ドロップから入手するしかなく、ドロップするのは大鷹騎士と毒掘りらしい。毒掘りは倒すの面倒なので大鷹騎士にするか。

大鷹騎士は、隙間の洞、篝火「分岐路の遺跡」から冬の祠方面に行く途中、奇跡街ジェルドラの最初、に出現する。どこでループしようかなと一通り試した結果、分岐路の遺跡ルートでやるのが一番やりやすかったので、そこに決定。

アイテム発見率をあげるべく、装備も奇術師の帽子を装着。貪欲な金の蛇の指輪+2もあるとベストだったけど、ガーゴイルを倒さないといけないので見送った。5体相手するのはもうやりたくない。

で、ループ開始。20体くらい狩ると1つドロップする感じかな。枯れると篝火の探究者をくべて復活させてループ。途中、覇者の誓約結べば敵が枯れなくなるのでこっちのほうが楽なのでは?と思いつき試してみたけど、ある程度狩ったらドロップしなくなってだめだった。なんとなくだけど、通常で枯れる分の敵を倒すとそれ以上倒してもドロップしない感じがする。

そんな感じで数時間かけてなんとか30個集めた。これで奇跡も全部集まり、ブラチナトロフィーゲット!いや〜長かったな。

次回はプレイを終えてのまとめ。

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN – PS4

「秋元工事中」感想

乃木坂工事中2本目は秋元工事中を観た。コメンタリーは秋元、和田、鈴木。クレジットも自己紹介もないので最初は秋元以外誰がしゃべっているのか全然わからなかった。しばらくして一人は和田と分かったけど、あと一人が全然喋らないのでまったくわからない。3本目くらいになってからもしかして鈴木では、となった。鈴木はほとんど相槌しかうってなかったので、お願いだからもう少し喋ってほしい。

#002 「狩野英孝のリアクション塾」

  • 秋元が狩野にバラエティのリアクションを学ぶという企画。狩野の噛み合わなさっぷりが面白いな。なんなら秋元のほうがきちんとバラエティできている感じ。
  • 二期生フィーチャーコーナーもあったのか。この回は伊藤純奈。初々しいな。

#062 「弱点をなくして目指せ! パーフェクトアイドル」

  • 催眠術ものってどうにもやらせ感があるけど、これは神回。
  • 蜘蛛に普通に触れるようになるというのはすごいよな。
  • くすぐりコーナー。飛鳥ちゃんのくすぐり方も面白いし、生田への不意打ちもいい。
  • 最後は白石の蛇コーナー。白石は本当にリアクションいいよなあ。蛇初見時の反応や、催眠術が解けるところのリアクションとか。
  • 白石の締めの挨拶もよかった。「ま〜た来週!」
  • この締めの挨拶、映像では未公開となっていたけど、たぶん編集ミス。確実にこのシーン見覚えがあるもの。

#181 「22ndシングルヒット祈願 前編」

  • 卒業する西野と一緒にバスで思い出の場所を巡る回。
  • どのエピソードも濃いよな。この濃さが1期への思い入れの強さに繋がっている気がする。3,4期のこういう濃いエピソードはあまり聞かない。

#188,189 「設楽軍 vs 日村軍 乃木坂46新春ゲーム大会」

  • 新春恒例ゲーム大会。
  • 未公開の餅つきと食事コーナーのまったりした感じがとてもよかった。バナナマンにお餅勧めてあげないとな。特に年長メンバー。
  • 一番面白いのはスタッフが得点を逆にしたときのくだり。松村と井上が最高。

秋元工事中(特典なし) [Blu-ray]