ダークソウル2 プレイ日記(47) DLC3 白王の冠 璧外の雪原編

いよいよDLC3ラストの壁外の雪原。

一定時間で吹雪と止んだ状態を繰り返す模様。吹雪のときには視界が極端に悪くなるので移動するのは無理。吹雪が止んだ時に遠くに見える建物をたよりに移動を試みる。

が、吹雪に切り替わったときに出現する氷馬がやっかいすぎる。攻撃力が半端ない。なんどこいつに蹴り殺されたことか。さらにマップも雪原というだけあって、あたり一面銀世界なので、方向感覚がわからなくなるし、どこまで移動可能なのかもよくわからない。敵の強さとマップの面倒さが重なって、試行錯誤で進めるのが面倒くさくなり、早々に攻略サイトに頼ることにした。これまでは基本的にエリアをクリアするまでは見ないようにしていたけど、このエリアは凶悪すぎて無理。

白霊も常に2人を呼ぶようにして攻略再開。まずは氷馬がやっかいすぎるのでループして殲滅することにした。何回ループすれば終わるのか気が重かったけど、なぜかこのエリアだけ他のエリアより極端に少なく、3,4回ループしただけで枯れてしまった。制作側もそれだけ氷馬の凶悪さを理解してるってことか。

これでボス戦までのルートを確保できたので、安心してボス戦に望む。ここのボスは王の仔ラド・王の仔ザレン。前のエリアのボス、王の仔アーヴァと同じような虎が2体いる。また複数戦か。しかし今回はこちらも白霊2人追加して計3人で望むので大丈夫。基本的な戦い方はアーヴァ戦と同様。深追いしないように注意しつつ、今回は2体をなるべく離すように動いて3度目くらいの挑戦でなんとか勝利。武器は引き続き名工の金槌、レベルは220だった。

さてこれでシナリオは全部終了。あとはプラチナトロフィー回収が残っている。古き闇の穴の攻略がまだなので、まずはそれを片付けるか。

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN – PS4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください