「星野工事中」感想

乃木坂工事中3本目は星野みなみセレクト回を見る。#97以降はリアルタイムで見ていたので、#10と#26が初見。オーディオコメンタリーは星野、北野、寺田。

#010 「みなみの前向き」

  • 星野がバク転に挑戦する回。
  • 天才肌の星野だけど、なかなか思う様にいかない。途中、ふてくされて更衣室に閉じこもるシーンは、夏休みの課題回で自転車に乗れなくてふてくされる寺田を思い出した。
  • 最終的に単独でのバク転はできずに補助ありでの挑戦に。どうしても手をついたときに腕が折れてしまう。日向坂の加藤もヒット祈願キャンペーンでバク転に挑戦していたけど同じところで苦労していたし、難しいんだな。

#026 「13th シングルキャンペーン 何しようか? 皆で考えよう緊急会議 後編 & 13th シングルヒット祈願 都内の坂道13本をダッシュで駆け上がろう!」

  • 星野と飛鳥が坂をダッシュで上がるという、非常にぬるい回。
  • 一見、やる気のなさそうな星野と飛鳥が担当することで、さらに脱力感が増して面白い。

#097 「乃木坂46 17th シングルキャンペーン 前編」

  • 氷瀑を登る回。
  • 一回見ているということもあり、未公開シーンのほうが面白く感じてしまう。

#098 「乃木坂46 17th シングルキャンペーン 完結編」

  • 2日目から参加の飛鳥も無事に登れて、全員完登。よかったよかった。
  • エンディングで生駒も話していたけど、今回のヒット祈願メンバーは1,2期、選抜メンバー、アンダーメンバーバランスよく組み合わされてよかったな。

#103 「乃木坂46 春の1万円ツアー」

  • お姉さんチーム、ヤングチーム、それぞれの魅力が出ていて面白い。
  • ただ、メンバーだけでのロケだと芸人がいないので、バラエティの面白さはちょっと落ちるな。どうしてもただの旅行っぽくなってしまう。

 

星野⼯事中(Blu-ray)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください