ダークソウル2 プレイ日記(46) DLC3 白王の冠 大聖堂〜凍てついたエス・ロイエス後編〜古き混沌

エスロイエス後編。

アーヴァを倒したので、先に進んで大聖堂へ入る。篝火「主聖堂」を灯してさらに先へ。大広間みたいなところに出るけど、なんかアンディールの館の広間と雰囲気が似てるな。天の声と会話すると吹雪が止む。一応その先にも行ってみるけど白い霧でボス戦の雰囲気だったので引き返す。

吹雪が止んだことで凍り付いていたオブジェクトも溶けて、これまで行けなかったところにも行けるようになった。しかし、一度探索済みのマップをもう一度チェックしないといけないのは地味に面倒くさい。雪の白さも目にまぶしいし。文句をいいながらもコツコツとマップ探索およびアイテム回収。

まずは燭台が4つ配置されていた円形の場所へ。燭台に火を灯すと扉オープン。隠れ港にいた流罪の執行者が待ち構えているのでさくっと片付けて騎士街の鍵をゲット。城壁付近に戻って、ゲットした鍵で左側の扉を開けて篝火「追放の間」を発見。続いて城壁の上階に出て、凍っていて通れなかった階段を下へ。暗くて見にくいなあ。遠目から弓で丁寧に雑魚を片付けて、突き当たりの部屋でロイエスの騎士1人目を解放。

続いて篝火「城壁内部」を起点に探索開始。巨人が何体か固まっている。近くで敵を倒すとそのソウルを奪って起動するようなので、基本は近くで敵を倒さないように気を付けるのだけど、倒さないと開けられない宝箱もあるので結局全部倒した。奥まで行って2人目の騎士を開放。

次は氷が溶けて乗れるようになったエレベーターに乗って下層へ。車輪骸骨を彷彿とさせるハリネズミがいるけど、こいつはそこまで凶悪じゃないな。一旦、攻撃をよけてから冷静に対処。少しずつ先に進み、エレベータで上層に戻り、雪山を登って3人目の騎士を解放。これで全ての騎士を救出。マップも探索完了した。

あとはボス戦かなということで、大聖堂の先の白い霧を抜けて古き混沌に入る。まず、騎士が複数出現。また複数戦かと思うけど、こっちも救出したロイエスの騎士が3体いるので問題ない。しばらく戦っていると大ボス?「灼けた白王」が出現。いつの間にかこっちの味方も全滅してたので、1対1での対戦だ。

灼けた白王は人型で剣を使う正統派タイプ。このタイプは煙の騎士戦で散々やったので楽勝。ここまでエスト瓶を結構使ってしまっていたので、最終的には残り1つくらいになってしまったけど、無事に初戦で勝利。レベルは219。武器は名工の金槌だった。

さてこれで、DLC3本編は終わったので、次はDLC3最後の璧外の雪原だけだ。

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN – PS4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください