箱根湯寮へ日帰り温泉に行ってみた

箱根に新しい日帰り温泉施設ができたというので行ってみた。

箱根湯寮
http://www.hakoneyuryo.jp/

元はひめしゃらの湯という施設だったのがリニューアルして名前も変わったらしい。前は行ったことないので比較はできないけど気がついた点をいくつかメモってみる。

  • 箱根湯本駅から送迎バスで3分ほど。3分くらいなら歩けるんじゃない?と思っていたけど、めちゃくちゃ急な上り坂なので無理。素直に送迎バスに乗るのが無難。湯本駅に近いというのはポイント高いな。湯本から奥は休日は渋滞がひどく、あんまりそっちには行きたくないので。
  • GW中だからか、受付はすごい行列で20分くらい待った。係の人の話だと下駄箱が一杯だそう。その時は混んでるならしょうがないな、と思ったけど、中に入って脱衣場のロッカーが半分くらい空いているのを見て、あれ、キャパシティの配分おかしくない?と思った。下駄箱増やすか、ロッカー少なくしたほうがいいのでは?
  • タオルは買い取り。レンタルはなし。もちろんレンタルにしてもらったほうが便利なんだけど、店側にしてみればクリーニングなどの余計な手間が増えるので面倒なんだろうな。これはしょうがないな。
  • キャパシティの配分おかしくない?と書いたけど洗い場も数が少なすぎる。館内案内図を見る限り、女性は20個くらいあるのに、男性は10しかない。しかもその半分は屋外にあるので、夏はともかくこの時期でもシャワーをずっとあててないと寒すぎて無理。体を洗う余裕なんか全然ない。
  • お湯はよかった。熱いのが苦手な自分にはちょうどいい感じ。
  • 男だからどうでもいいと言えばいいけど、パウダールームも狭いなあ。後ろの脱衣場のロッカーとのスペースが狭い。あとここでも洗面台の数が少ない。確か 4つしかなかったと思うけど少ないよなあ。
  • お風呂から上がって休憩するスペースがない。テーブルに椅子か、畳敷きの大広間みたいな感じのところがあるといいんだけど。まあそういうニーズは館内併設の食事処で吸収する作戦なんだろうけど。

と、いろいろ書いてみたけど個人的には再訪はありかなと。できたばかりということもあって全体的に清潔なんである。しばらくは湯本富士屋ホテルと両方使ってみる感じにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください