滴草由実 #10 story LIVE@TSUTAYA O-nest 2014/9/6

この日は暇で、朝からどこに行こうかなとぼけっとWebを眺めていたところ、パーリスさんのところでベタ褒めされているのを見て、当日券もあるみたいだしひとつ行ってみるかと出かけることにした。

http://paarisu.web.fc2.com/21.html#140906

ちなみに滴草由実はこの日までまったく知らなかったし1曲も聞いたことない。そもそもライブなんかほとんど行ったことないし、一番最後に行ったライブは確かglobeがデビューしたてのころの代々木でやったイベントっぽいライブまでさかのぼるくらいだ。かれこれ20年くらい前になるな。

そんな状態の中、渋谷へ向けて出発。当然のことながらTSUTAYA O-nestなんて行ったことないので入念に地図を確認して進む。確か昔はON-AIR EASTみたいな言われ方を耳にしたことがあったなあと思ったけど、最近はTSUTAYAがネーミングライツを取得してこのような名称になった模様。

O-nestには17時半すぎに到着。当日券があるくらいだからガラガラだろうと思っていたけど6Fに上がるエレベータが混雑していて待ち行列が1Fの歩道にはみ出していた。何台かエレベータ待ちして6Fへ。すでに整理番号順に入場が始まっていた。あーこういうシステムなのね、と理解する。当日券は番号読み終わってから、というので隅のほうでじっと待つ。100番くらいまでは1つずつ読んでいたけど、人が少なくなると5番おきくらいになっていて150番くらいまでいくと誰もいなくなってしまった。

ようやくここで当日券の順番。入場料5000円と1ドリンク500円を払って中へ。整理番号は117番。結構若いね。フロアは5Fなので螺旋階段で1F下へ降りる。会場のキャパは200人だけど、中に入ってみると意外に小さい。10×10の椅子席が中央にあって、周りをコの字型に1段高い立ち見スペースが囲む感じ。周りとステージは同じ高さくらいだった。

座りたかったけど、どうせ途中で立つんだろうし、そもそも席は一杯で空いてなかったので、ステージ向かって右手の立ち見席に陣取る。椅子席がぜんぶ埋まっていてあとは立ち見が20人くらい?だったので全部で120,130人くらいの入りだったと思う。あと10分くらいで開演。楽しみだな。

18時ちょうどくらいにバンドメンバーがステージに出てきて演奏開始。ほどなく本人登場。肩の出た黒のドレスを着ていて綺麗な人だった。MC少なめでどんどん曲が進む。しかしながら分かってはいたがまったく曲を知らないので楽しさも半減。個人的にはもうちょっとポップでわかりやすい曲が好みなんだけど、やや難しめで技巧の高そうな曲なので事前に聞き込んでないとつらい。でも歌声は綺麗でさすがだと思った。

歌声をもうちょっと集中して聞きたかったけど、ライブだとどうしてもドラムがうるさくて歌声がかき消されていまいちよく聞こえない。ボリュームのバランスはこんなものなのかなあ。ギターやキーボードだけのアコースティックっぽい弾き語り系の曲は楽しいけど、ロック系の曲はどうしてもドラムに気を取られてしまう。

アンコールはTシャツに着替えて2曲。アンコールのMCのほうが地が出ている感じ。外見はクールビューティー系だけどしゃべると意外に引きこもりな感じというかそんな感じだった。とにかく久しぶりにこうして歌えるようになったのでみんなに感謝したいんだけど、それがうまく言葉にできない、伝えきれない、でもうれしい、そんな思いが伝わるライブだった。

20時にライブ終了。ドリンクは置くところがないし、最初に飲むとトイレに行きたくなるので結局注文しなかった。2時間立ちっぱなしだったのでさすがに足が疲れた。

せっかくなので家に帰ってCDも購入。よく考えれば会場でも販売していたのでそっちで買ったほうがプレミアム感があってよかったのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください