LaunchBarをやめてSpotlight検索で頑張ってみる

LaunchBarからAlfredに乗り換えようとして結局、LaunchBarに戻る

の続きです。LaunchBarに戻ってみたものの、やっぱり遅さが気になってしまうので、アプリの断捨離もかねて純正のSpotlight検索で頑張ってみることにしました。Firefoxに対応してない点はもう割り切って、ブックマークをFirefoxとSafari両方に登録することにしました。そんなにしょっちゅうブックマークするわけではないのでたぶん大丈夫でしょう。

あと、Spotlightでブックマークを検索する際は、どうもページタイトルだけが検索対象でURL文字列は対象外のようです。したがってブックマーク登録時に登録名に英数字で呼び出しキーワードみたいな文字列を追加しておくと、便利に検索することができます。

自宅のMac用のキーボードを買い替えた。Logicool K780

自宅のMac用のキーボードをLogicool K780に買い換えました。今まで使っていたのは同じLogicoolのK811なので、USキーボードからJISキーボードへの切り替えです。

背景

買い替え理由としては、かな<–>英数の入力切替をコマンド + スペースでやるのはさすがに効率悪いのではと思い至ったからです。学生時代にMacを買ってから20年あまり、入力切替はずっとコマンド+スペースでやってきました。しかし、この方式では常に今どっちの入力モードにいるのかを意識しないといけません。メニューバーを見ればどっちにいるかわかりますが、いちいち視線を移すのもめんどくさい。あと、複数キーの同時押しを頻繁にやると、たまに同時に押せてないときがあって、入力モードを切り替えたつもりでそうなってないので、ストレスが溜まります。

なので、Apple純正のJISキーボードのように、「かな」「英数」キーを押すことでそれぞれの入力モードに切り替わるほうが、どう考えても使いやすいのではないかと。入力モードが3,4つ以上になると入力モードを特定のキーに割り当てる方式は破綻するので、コマンド+スペース方式が有効だと思いますが、2つしかなければこれで十分です。

一応、今のキーボードでなんとかならないかと、K811でそのキーバインドを設定してみました。Karabiner-Elementsというソフトウェアで左右のコマンドキーを「かな」「英数」に変更。しばらく入力してみると、右コマンドキーが非常に押しづらい。これまでは右コマンドキーは使ったことなかったけど、ホームポジションからは右親指をかなりひねらないと届かない。入力切替の変更はいずれ慣れると思うけど、キー配置からくる押しづらさは慣れの問題では片付かない気がします。

ということで、キー配列はJIS配列じゃないとだめだろうという結論になりました(US配列で右コマンドが押しやすい位置にあるものはたぶんないのでは。そんな真剣に探してはないけど)。そもそもUSキーボードを選んだのは、かな印字がなくてキートップがすっきりしていると世間でいうから程度の理由で、個人的にはキートップのスッキリさは気にしてないので、JIS配列でも問題ありません。会社ではJIS配列で仕事してますしね。

製品選択

まず考えたのはApple純正。しかし本体色の白は汚れが目立つのと、1キーだけ不自然に大きくて不格好なので却下。

次はHHKBなどのいわゆる高級キーボード。しかし、個人的な好みでいうとHHKBはキーストロークが少し深い。もう少し浅めのほうが好みなんだよなということでこれも却下。値段もそれなりにするし。

で、今のK811のキータッチを割と気に入っていることから、最終的に同じLogicool製で探してみたところ、K780がよいかなと。実売価格も7000円くらいでお手頃ですし。欲を言えばテンキーいらないけど、テンキーなしのモデルはないので妥協しました。同様の理由でCRAFT KX1000sは見送りです。横幅が広すぎます。

感想

1ヶ月ほど使ってますが特に問題ないです。入力切替に関してはストレスなく使えています。キータッチもK811よりカチッとした感じで好みです。

コマンドキーの位置はまだちょっと慣れません。たまに「英数」キーを押してしまいます。まあこれは今までその位置にコマンドキーがあったのでしょうがないでしょう。いずれ慣れると思っています。

LaunchBarからAlfredに乗り換えようとして結局、LaunchBarに戻る

LaunchBar、ちょっと重いし、Firefoxのブックマーク更新が意図通りに動かない(手動で更新かけても更新されない。定期的に実行される自動更新では更新されるようだけど)ので、Alfredに乗り換えてみようと思ってインストールしてみたけど、これ、Firefoxのブックマークはサポートしてないのね。SafariとChromeしかサポートしてなかった。

しょうがなくLaunchBarに戻ってインデックスの設定をいろいろ見なおしていたら、HTML形式のブックマークファイルをサポートしていることに気がついた。なので、Firefoxから手動でブックマークをエクスポートして、それを食わせる運用にすることにした。定期的に手動実行する必要はあるけど、それくらいはしょうがない。

iPhone6のバッテリー交換を配送修理でやってみた

iPhone6のバッテリー交換割引キャンペーンが年内で終了してしまうので駆け込みで申し込んでみました。

今使っているiPhone6は発表当初に買ったもので丸4年になります。ヘビーには使ってないけど、さすがに4年もたつとバッテリーの持ちも悪くなってきました。こないだ駅メモ!をモバイルバッテリーに繋ぎながらやっていたのですが、これで完全にとどめを刺した感じになりました。バッテリーの減りが異常に早いし、残量表示も安定しません。やっぱり、充電とGPS利用を同時に実行することでバッテリーに負荷をかけて高温状態にするのはよくないのかなと。充電時はスマホの使用を極力控えてバッテリーになるべく負荷をかけないようにするのがいい気がします。

で、結局のところiPhone8 Plusに買い換えたのですが、その話はまた別にすることにして、せっかくなのでiPhone6をバッテリー交換に出そうかと。

最初は、店頭持ち込みにする予定だったのですが、これがまた全然予約がとれない!キャンペーンが年内終了ということで駆け込み需要なんだろうなあ。人のことは言えないけど。しょうがないので、配送修理にすることにしました。買い換えたので、しばらく手元になくても問題ないので。

アップルのWebページから修理を申し込んで、結論としては以下のような進捗で完了しました。

  • 11/29 夜 修理申し込み
  • 12/1 午前中 ヤマト運輸にてピックアップ
  • 12/3 ADSC(アップルのサポートセンター?)到着(クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステムにて確認)
  • 12/10 アップル修理センターに製品が到着。これから修理を開始します、というメールを受信
  • 12/11 修理完了したので発送します、というメールを受信
  • 12/11 夜 配送完了

という感じ。12/3から12/10の間が気になりますね。到着した製品をストックしておくタイミングと実際に修理作業に入るタイミングでステータスが変わるんですかね。おそらく結構な量の製品が配送されてきていると思うので、実際に修理に取り掛かるまでは時間差があるのではないかと。

あと、ピックアップに来たヤマト運輸のおじさんはケースとか何もいれずに普通に手渡しで引き取って行きました。引換証とかもなかったし、その時は何も思わなかったですが、後から考えるとちょっと雑だったかもしれません。

macOS Mojaveにアップデートすると音声再生が止まる

macOS Mojaveがリリースされたので早速自宅のMac mini(Late 2012)をアップデートしてみましたが、音声関係でトラブったのでその復旧メモです。結論から言うと、SONY UDA-1のUSBドライバーをアンインストールしたら復旧しました。

症状

  • OS再起動、ログインすると1,2分して強制ログアウトされてしまう。またログインしてもしばらくしてログアウトしてしまう。これを2,3回繰り返すと、それ以降はログアウトしなくなる。
  • 音声の再生が数秒おきに止まる。音飛びじゃなくて止まる。4秒くらい再生されて、7秒くらい止まってまた4秒くらい再生される、の繰り返し。動画の場合は音声が停止している間は、動画の再生も止まる。

こんな感じで最初の症状はまあ我慢できなくもないが、2個目はさすがに困ります。

ログ

system.logにはこんなログが大量に出力されてる。coreaudiodが再起動を繰り返していて症状ともつじつまがあう感じ。

Sep 30 10:41:30 graphite com.apple.xpc.launchd[1] (com.apple.audio.coreaudiod[4728]): Service exited due to SIGBUS | sent by exc handler[4728]
Sep 30 10:41:30 graphite com.apple.xpc.launchd[1] (com.apple.audio.coreaudiod): Service only ran for 4 seconds. Pushing respawn out by 6 seconds.
Sep 30 10:41:40 graphite com.apple.xpc.launchd[1] (com.apple.audio.coreaudiod[4732]): Service exited due to SIGBUS | sent by exc handler[4732]
Sep 30 10:41:40 graphite com.apple.xpc.launchd[1] (com.apple.audio.coreaudiod): Service only ran for 4 seconds. Pushing respawn out by 6 seconds.
Sep 30 10:41:50 graphite com.apple.xpc.launchd[1] (com.apple.audio.coreaudiod[4738]): Service exited due to SIGBUS | sent by exc handler[4738]
Sep 30 10:41:50 graphite com.apple.xpc.launchd[1] (com.apple.audio.coreaudiod): Service only ran for 4 seconds. Pushing respawn out by 6 seconds.
Sep 30 10:42:00 graphite com.apple.xpc.launchd[1] (com.apple.audio.coreaudiod[4744]): Service exited due to SIGBUS | sent by exc handler[4744]

調査経過

まず、coreaudiodをkillしたりしてみたが何も変わらず。ググってみると、サードパーティ製のオーディオプラグインを削除したらいいという記述を見つける。どれどれと思い、/Volumes/Macintosh HD/Library/Audio/Plug-Ins/HAL/を確認してみると、CMediaDSF.pluginというやつだけ、ディレクトリのタイムスタンプが他と違って古い。明らかに怪しい。

ファイル名見ても全然思い当たる節がないので、これなんだっけと思い、ググってみるとUDA-1のドライバーであることが判明。そういえば、ハイレゾ再生試してみようと思って確かに大昔にインストールしたんだった。

対処

https://www.sony.jp/support/netjuke/download/driver-uda1-mac/

に従って、ドライバーをアンインストールしてマシン再起動したら問題が解消しました。たぶんアンインストーラーを使わずに上記のディレクトリをそのまま削除しても大丈夫な気がするけど。ちなみにアンインストールしてもハイレゾ再生ができなくなるだけで、iTunesやYouTubeを使う分にはなんの問題もないので、普段ハイレゾ再生で聞いていない自分の場合はこの対処でOK。