Mac mini(Late 2012)の内蔵ディスクをSSDに換装してみた

自宅のメインマシンとして頑張っているMac mini(Late 2012)ですが、購入してから約6年になります。Mac mini(2018)も出たことだし、そろそろ買い替えようかなあと思うものの、希望のスペックを積んでいくと総額で15万ほどになってしまい、気軽にポチる額ではなくなってしまいます。

そこで少しでも延命できればいいかなと思い、今更ですが内蔵のHDDをSSDに換装してみることにしました。最近はSSDも大分値段が下がっていて500GBで1万円ほどなので、これで物欲も収まれば安い買い物だろうというものです。

まず事前準備ということでいろいろと情報を集めた結果、以下のパーツを買いました。

  • SanDisk 内蔵SSD 2.5インチ 500GB SDSSDH3-500G-J25
  • Mac Mini Serverディスクマウント上段ベイ用 SSD HDD 増設ケーブル補助キット

作業手順で参考にしたサイトは以下です。

ばらしてから組み上げるまでに2時間ほどかかりました。自分はHDDスロットがUpper側の増設だったので少し時間かかりました。

結果としてはアプリの起動や動きが爆速になり大満足なのですが、細かい点が2つほど。

  • パーツをもとに戻す際、WiFiアンテナパーツのねじ穴がどうしても合わずに計4つあるねじ穴のうち、3つしかねじ止めできなかった。
  • ファンの音が大きくなった。

ともに関連しているんですかね。常にファンが回っている状況でもないので今のところ特に支障はありませんが。

SanDisk 内蔵SSD 2.5インチ / 500GB / SSD Ultra 3D / SATA3.0 / 5年保証 / SDSSDH3-500G-J25

Mac Mini Serverディスクマウント上段ベイ用 SSD HDD 増設ケーブル補助キット Mac mini A1347 mac SSD増設用 ドライバー トルクス 六角レンチ ヘラ 工具付

iPhone 8 Plusに機種変更した

昨年末にiPhone 6をバッテリー交換に出したのを機にそろそろiPhoneも買い替えかなと思い、iPhone 8 Plusに機種変更しました。

機種選定はかなり消去法。まずXS, XS Maxはさすがに値段が高すぎるので見送り。今回はできれば10万円以下に収めたいので。ちょっと触った感じでは、ホームボタンなしは意外と違和感少なかったです。スワイプでホーム画面に戻る操作もすぐ慣れそうな感じでした。でも、きっとFace IDは慣れないんだろうなという気がします。絶対に指紋認証のほうが使いやすそう。

最後までXRは迷いましたが、最終的にXRのベゼルの厚さが気になって見送りに。ちょっと野暮ったく見えるのが気になりました。

となると残ったのはiPhone 8かiPhone 8 Plus。iPhone 6を使っていて、もう少し画面が大きいほうがいいかなと感じていたので、iPhone 8 Plusに決めました。

4ヶ月ほど使ってみて概ね満足してますが、重さは結構気になりますね。片手で持つとそれなりにずっしりきます。この重さだったら、画面の大きさとどっちを優先するかといわれると微妙なレベル。たぶん次は画面もう少し小さくてもいいから、軽いやつを買いそうな気がします。

LaunchBarをやめてSpotlight検索で頑張ってみる

LaunchBarからAlfredに乗り換えようとして結局、LaunchBarに戻る

の続きです。LaunchBarに戻ってみたものの、やっぱり遅さが気になってしまうので、アプリの断捨離もかねて純正のSpotlight検索で頑張ってみることにしました。Firefoxに対応してない点はもう割り切って、ブックマークをFirefoxとSafari両方に登録することにしました。そんなにしょっちゅうブックマークするわけではないのでたぶん大丈夫でしょう。

あと、Spotlightでブックマークを検索する際は、どうもページタイトルだけが検索対象でURL文字列は対象外のようです。したがってブックマーク登録時に登録名に英数字で呼び出しキーワードみたいな文字列を追加しておくと、便利に検索することができます。

自宅のMac用のキーボードを買い替えた。Logicool K780

自宅のMac用のキーボードをLogicool K780に買い換えました。今までは同じLogicoolのK811を使ってましたので、USキーボードからJISキーボードへの切り替えです。

背景

買い替え理由としては、かな<–>英数の入力切替をコマンド + スペースでやるのはさすがに効率悪いのではと思い至ったからです。学生時代にMacを買ってから20年あまり、入力切替はずっとコマンド+スペースでやってきました。しかし、この方式では今どっちの入力モードにいるのかを常に意識しないといけません。メニューバーを見ればどっちにいるかわかりますが、いちいち視線を移すのもめんどくさい。あと、複数キーの同時押しを頻繁にやると、たまに同時に押せてないときがあって、入力モードを切り替えたつもりでそうなってないので、ストレスが溜まります。

なので、Apple純正のJISキーボードのように、「かな」「英数」キーを押すことでそれぞれの入力モードに切り替わるほうが、どう考えても使いやすいのではないかと。入力モードが3,4つ以上になると入力モードを特定のキーに割り当てる方式は破綻するので、コマンド+スペース方式が有効だと思いますが、2つしかなければこれで十分です。

一応、今のキーボードでなんとかならないかと、K811でそのキーバインドを設定してみました。Karabiner-Elementsというソフトウェアで左右のコマンドキーを「かな」「英数」に変更。しばらく入力してみると、右コマンドキーが非常に押しづらい。これまでは右コマンドキーは使ったことなかったけど、ホームポジションからは右親指をかなりひねらないと届かない。入力切替の変更はいずれ慣れると思うけど、キー配置からくる押しづらさは慣れの問題では片付かない気がします。

ということで、キー配列はJIS配列じゃないとだめだろうという結論になりました(US配列で右コマンドが押しやすい位置にあるものはたぶんないのでは。そんな真剣に探してはないけど)。そもそもUSキーボードを選んだのは、かな印字がなくてキートップがすっきりしていると世間でいうから程度の理由で、個人的にはキートップのスッキリさは気にしてないので、JIS配列でも問題ありません。会社ではJIS配列で仕事してますしね。

製品選択

まず考えたのはApple純正。しかし本体色の白は汚れが目立つのと、1キーだけ不自然に大きくて不格好なので却下。

次はHHKBなどのいわゆる高級キーボード。しかし、個人的な好みでいうとHHKBはキーストロークが少し深い。もう少し浅めのほうが好みなんだよなということでこれも却下。値段もそれなりにするし。

で、今のK811のキータッチを割と気に入っていることから、最終的に同じLogicool製で探してみたところ、K780がよいかなと。実売価格も7000円くらいでお手頃ですし。欲を言えばテンキーいらないけど、テンキーなしのモデルはないので妥協しました。同様の理由でCRAFT KX1000sは見送りです。横幅が広すぎます。

感想

1ヶ月ほど使ってますが特に問題ないです。入力切替に関してはストレスなく使えています。キータッチもK811よりカチッとした感じで好みです。

コマンドキーの位置はまだちょっと慣れません。たまに「英数」キーを押してしまいます。まあこれは今までその位置にコマンドキーがあったのでしょうがないでしょう。いずれ慣れると思っています。

 

Logicool ロジクール マルチデバイス Bluetooth キーボード K780

LaunchBarからAlfredに乗り換えようとして結局、LaunchBarに戻る

LaunchBar、ちょっと重いし、Firefoxのブックマーク更新が意図通りに動かない(手動で更新かけても更新されない。定期的に実行される自動更新では更新されるようだけど)ので、Alfredに乗り換えてみようと思ってインストールしてみたけど、これ、Firefoxのブックマークはサポートしてないのね。SafariとChromeしかサポートしてなかった。

しょうがなくLaunchBarに戻ってインデックスの設定をいろいろ見なおしていたら、HTML形式のブックマークファイルをサポートしていることに気がついた。なので、Firefoxから手動でブックマークをエクスポートして、それを食わせる運用にすることにした。定期的に手動実行する必要はあるけど、それくらいはしょうがない。