PCを自作した

PCを自作した特別給付金も振り込まれたことだし、何か盛大に使って経済に貢献しようと思い考えた結果、Windows PCを自作することにした。BTOでもよかったけど、せっかくだから色々自分でパーツを選んだほうが楽しいかと思って自作に。でも選ぶのも選択肢がありすぎて楽しさより正直面倒だなと思ってしまったので、次回はもう自作しないかもしれない。

スペックは以下の通り。

  • CPU AMD Ryzen 7 3700X With Wraith Prism cooler
  • M/B ASUS ROG STRIX B550-F GAMING(WIFI)
  • メモリ Crucial CT2K16G4DFD832A(16GB x2)
  • グラフィックボード MSI GeFORCE RTX 2070 SUPER VENTUS GP OC
  • SSD Seagate FireCuda520SSD 500GB
  • 電源 Seasonic FOCUS Plus 750 Platinum(SSR-750PX)
  • ケース NZXT H510i
  • OS Windows10 Home

テーマはハイエンドとミドルの中間。電源はこれでも大丈夫だと思うけど余裕をみて850Wにすればよかった。選ぶのに疲れて投げやりに選んでしまった。

前回自作してからなんと16年ぶり。組み立て手順はよくわからないけど今はYouTubeがあるから簡単に確認できて、さくさく進む。詰まったのはケースファンの電源接続。H510iはSmart Device V2というコントローラーが内蔵されているので、それを電源に繋げばいいだけなのだが、最初、マザーボードのほうに繋げようとしてしまってしばし悩んでしまった。

OSをインストールして一通り完了。何をするにも爆速なので感動する。WQHDの画面もなかなか綺麗で、これだったらMacから乗り換えてもいいかなと思ってしまった。

総額は20万円オーバー。すべてtsukumoで買った。ヨドバシやAmazonより安かったので。完全に給付金の額を超えているけど気にしないことにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください