「機動警察パトレイバー」を改めて読んだ

「機動警察パトレイバー」を改めて読んだ今週は夏休みだけど新型コロナの影響でどこかに出かける雰囲気でもないので、自宅に籠もったまま。

せっかくだから何かまとまったものを読むかと思い、「機動警察パトレイバー」を通しで読むことにしてみた。昔、漫画喫茶で断片的に読んだことがあって、グリフォンとの初戦や篠原重工贈収賄疑惑あたりは記憶があるものの、結局最後はどうなったんだっけ?という状態でずっと気になっていたので。kindleで全22巻購入して一気に読む。

13号のエピソードとか全然記憶になかった。最後はちょっと不完全燃焼で終わってしまった気がするけど整合性とって綺麗にまとめるのは難しいんだろうな。でもこれで一通りのストーリーを理解できたのですっきりした。面白かった。

機動警察パトレイバー(1) (少年サンデーコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください