MONITOR AUDIO Bronze BX2でバイワイヤリング接続

家のオーディオ環境のフロントスピーカーとして運用しているMONITOR AUDIO Bronze BX2であるが、こいつはバイワイヤリング対応のスピーカである。しかしこれまではシングル結線でアンプと接続していた。理由は単純で、購入した時にバイワイヤリング対応であることを知らず、用意していたスピーカーケーブルの本数が足りなかったからで、とりあえず高域側だけアンプにつないだ状態で運用していた(高域側と低域側を付属のショートバーでつないだ状態。まあこれも意図してそうしてたわけではなく、最初についていたものをそのままにしていただけなんだが)。

が、ふと2chのMONITOR AUDIOスレを覗いているうちに、あれ?バイワイヤリング対応スピーカーをシングル結線で使うのはもったいなくね?という考えになり、せっかくアンプ側(PMA-1500AE)も対応していることなんだし、変更してみることにした。スピーカーケーブル買ってくるだけでいいし。

で、秋葉ヨドバシにケーブルを買いに出かける。いつものことながらスピーカーケーブル購入時はどれを買えばいいのか迷う。知識がないこともさることながら、値段の幅がありすぎでどの辺がコストパフォーマンス最大なのかわからないんだよな。

こんなときは無難に前例踏襲してしまいがちで、結局以前に買ったWireWorldのStream 16/2をまた買ってしまった。以前、有楽町ビックで買ったときは1000円/mだったと思うのだが、ここでは680円/mだった。安いね。

家に帰ってさっそくセッティング。ケーブルの終端処理がめんどくさい。といってもビニールむいてよじるだけなんだが。音出してみると、もう厚みが全然違う。これは低域側をこれまでつないでなかったからだろうね。やっぱりバイワイヤリング用にセッティングされているスピーカーは、きちんと両方ともつないでやらないとだめってことなんだろう。

ということで音が良くて楽しいのでたまったglee2のビデオをせっせと消化。Katy PerryのFireworkが名曲すぎる。レイチェルのカバーもこれがまた輪をかけていい。最後の Boom, Boom, Boom〜Moon, Moon, Moonのコーラスがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください