モニターオーディオ Bronze BX2を購入

これまで自宅のオーディオ環境としては、リビングにスピーカーALESIS Monitor Oneを置いて、AirMac Express経由で MacBookの iTunesライブラリを AirPlayで聞いていた。

しかしながら、この環境で 2,3時間音楽を聴いていると次第に耳が疲れてくるので、最近はあんまり聴かなくなってしまい、MacBookに直差ししている、ONKYO GX-70HDのほうでメインに聴くことのほうが多くなっていた。確かにこのMonitor Oneはスタジオモニター用のスピーカーなので、リスニング用には向いていないんだろう。なんというか、各パートの音が一切加工されずに独立してそのまま出てくる感じで、長時間聞いているとトゲトゲしさが次第に目立ってくるような気がする。

ちなみにMonitor Oneは20年くらい前に新品購入したやつ。最初はYAMAHA NS-10Mを買うつもり楽器店に行ったのだけど、店員さんにこっちのほうが音がいいですよ、と言われて聴いてみたら確かにMonitor Oneのほうがよいような気がしたので、買ってしまった。本当にNS-10Mよりよかったのかはわからないけど。

で、新しいスピーカーでも買おうかと思い立って、でもそんなに高いのは買えないのでまずはエントリーモデルからと思い、いくつか物色していいなあと思ったのが以下の2つ。

  • モニターオーディオ Bronze BX2
  • DENON SC-CX101

判断元は主に2chなのでかなりバイアスはかかっているとは思われる。店頭で実際のモノを見てみると、デザイン的には BX2が一番好みだった。SC-CX101も悪くなかったけど、大きさがやや小さいのでテレビ(40インチ)の横に置くにはちょっとバランスが悪かろう、ということで見送りにした。ちょうど店にも人がいなかったので、勝手にスピーカーを切り替えて試聴してもみた。細かいことはよくわからないが、他の同価格帯のものに比べてBX2が比較的音がいいような気がする、少なくとも悪くは聴こえない、という風に感じたので最終的にBX2で決定した。色はローズマホガニーにした。実際の色合いは製品ページの写真より明るい感じで、高級感もそこそこある気がしてとりあえずは気に入っている。サランネットは外してる。スピーカーコーンの白色とのコントラストがいいかなあと思って。

実際の音のほうはというと、これまた語るだけの語彙力をもっていないのでただの感想にしかならないのだが、オーディオ初心者の自分には十分すぎるほどいい音に聴こえる。Monitor Oneとは全然違う。とても気持ちがいいので必要もないのに何か音楽をかけておくか、というくらい。ちなみにアンプは DENON PMA-1500AE + DENON AVR-3311(2chの場合は PMA-1500AEのみで)。アンプについてはそのうち書くつもり。ソースは前述の AirMac Express経由のAirPlayまたはAVR-3311のインターネットラジオ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください