coLinuxを 0.6.2から 0.7.1へアップデート

coLinuxのバージョンアップメモ。

設定ファイルのフォーマットが XMLから普通のテキストフォーマット?((項目)=(値)というやつ。正式に何と呼ばれるのかわからないけど)に変わっているので、バイナリをインストールしただけでは動かない。手動で設定ファイルを新フォーマットに変換してあげる必要がある。
主な対応は次の通り。

  • <block_device index=”0″>で指定されていた pathを cobd0行に指定。
  • <block_device index=”1″>で指定されていた pathを cobd1行に指定。
  • <memory size>は mem=に。
  • TAPを使用している場合は eth1=tuntap行のコメントを外す。

自分の環境はこれだけで動くようになった。

あとサービス化する場合は、一旦サービスを削除して、新しい設定ファイルを参照する形で再登録する必要がある。詳しくはインストールディレクトリ配下の colinux-daemon.txtに書いてあるけど、必要な所だけ抜粋すると、削除は

colinux-daemon --remove-service "cooperative Linux"

(ダブルクォーテーション内はサービス名)、登録は

colinux-daemon @default.conf --install-service "coLinux"

となる。@以降は設定ファイル名。以上で完了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください