私立恵比寿中学「手をつなごう」

NHKのMJでたまたま聞いたけどいい曲だなあ。

完全に小室っぽいなあ、と思っていたらググってみたら他にも同じような感想の人がいて笑った。特にAメロあたりは、最高に自分好みのフレーズの感じ。なんかこう、小室っぽい曲というと、キャッチーなんだけど小室っぽさの特徴と自分が勝手に思っているキャッチーさのなかにある物悲しさがなくなってただの明るい曲になりがちなんだけど、これはそれがないのが素晴らしい。

小室全盛期のころだったら、東京パフォーマンスドールあたりが歌うんだろうなあ。

Glee: The Music 1

春から BSプレミアムで放送が始まったのでずっと見ている。ストーリーはしょうもないけど、歌は素晴らしいなあ、ということで早速サントラを購入。気に入ったのは

  • Don’t Stop Believin’
    • バックコーラスが綺麗。あとレイチェルのボーカルの入り。もの凄く楽しそうでのびのびとした歌声が素晴らしい。
  • Take A Bow
    • 原曲も聞いてみたけど、自分はこっちのほうが好きだな。レイチェル声良すぎ。
  • Defying Gravity
    • メロディラインの美しさ、カート&レイチェルの歌声の美しさが素晴らしすぎる。個人的にはこの曲が 1番好き。曲の長さが 2分半くらいしかないので、もう少し長いバージョンで、さらにいうとレイチェルバージョンと、カートバージョンそれぞれ単独のものでじっくり聞いてみたいなあ。

の 3曲。次点は Somebody To Love、No Airあたりかな。いずれにせよいい曲をいいアレンジでいいシンガーが歌うのを聞くのは幸せな感じ。

下川みくに / GooD LucK

iTunes Storeのおすすめで以下の楽曲を購入。

  • 下川みくに / GooD LucK
  • AAA / Feel Like dance
  • Ordinary Venus / DREAM RUSH
  • 滝沢乃南 / My Revolution

いずれも名曲ばかりでなかなか iTunes Storeも侮れんと思った。特に下川みくにさんの GooD LucKは原曲に比べて非常に柔らかな仕上がりになっていて、個人的にはこっちのほうが好みだ。篠原涼子さんの原曲は声質やアレンジの違いだろうか、ちょっととげとげしさが耳に残る感じがするので。

AAAの Feel Like danceは女性ボーカルのキーが低くて、ちょっと窮屈な感じなのでもう少し上げてもいいんじゃないかと思った。Ordinary Venusはちょっとアレンジいじりすぎなのかな。悪くはないけど原曲の爽快感がいまいち感じられない。滝沢乃南さんは鉄板。やっぱりこの曲は名曲だなあ。

りある りあるが あんりある

CD発売前からMAG・ネット見ていていい曲だなあ、と思っていたので購入。メロディもいいし、ストリングスのリフもかっこいいし、TV番組の主題歌止まりというにはもったいない。しかし、この曲に限ったことではないが神前さんは Cメロというかブリッジというのか、2コーラス終わった後のメロディづくりが気持良すぎる。Okey-dokeyとか staple stableとか本当にいいメロディだよなあ。

miray / Jump Pump

avex所属の女性アーティスト。パーリスさんのところで知ったのだけど、こういうわかりやすいメロディは大好きだ。思わず iTunes Storeで買ってしまった。が、音だけ聞くとそれほどでもなかったりする。ということは絵と合わせた時の魅力がこの人の持ち味なんだろうなあ、と。PVはこっち。

http://www.youtube.com/watch?v=2fIKlBkkXnI

他の PVもいくつか見てみたけど、やっぱりこの曲が一番いいなあ。