PCを自作した

特別給付金も振り込まれたことだし、何か盛大に使って経済に貢献しようと思い考えた結果、Windows PCを自作することにした。BTOでもよかったけど、せっかくだから色々自分でパーツを選んだほうが楽しいかと思って自作に。でも選ぶのも選択肢がありすぎて楽しさより正直面倒だなと思ってしまったので、次回はもう自作しないかもしれない。

スペックは以下の通り。

  • CPU AMD Ryzen 7 3700X With Wraith Prism cooler
  • M/B ASUS ROG STRIX B550-F GAMING(WIFI)
  • メモリ Crucial CT2K16G4DFD832A(16GB x2)
  • グラフィックボード MSI GeFORCE RTX 2070 SUPER VENTUS GP OC
  • SSD Seagate FireCuda520SSD 500GB
  • 電源 Seasonic FOCUS Plus 750 Platinum(SSR-750PX)
  • ケース NZXT H510i
  • OS Windows10 Home

テーマはハイエンドとミドルの中間。電源はこれでも大丈夫だと思うけど余裕をみて850Wにすればよかった。選ぶのに疲れて投げやりに選んでしまった。

前回自作してからなんと16年ぶり。組み立て手順はよくわからないけど今はYouTubeがあるから簡単に確認できて、さくさく進む。詰まったのはケースファンの電源接続。H510iはSmart Device V2というコントローラーが内蔵されているので、それを電源に繋げばいいだけなのだが、最初、マザーボードのほうに繋げようとしてしまってしばし悩んでしまった。

OSをインストールして一通り完了。何をするにも爆速なので感動する。WQHDの画面もなかなか綺麗で、これだったらMacから乗り換えてもいいかなと思ってしまった。

総額は20万円オーバー。すべてtsukumoで買った。ヨドバシやAmazonより安かったので。完全に給付金の額を超えているけど気にしないことにする。

ロジクール MX ERGOを買おうかどうしようか悩む

MX ERGOが発売になって約半年。買ってみたいが、1点だけ気になるところがあって、それは手のひらを置くところがラバー加工されていること。脂や汗ですぐにベトベトになってしまいそうで怖い。普通にプラスチック加工ならすぐにでも買うんだけどな。

ちなみに今は同じロジクールのトラックボール TrackMan Wheel(ST-65UPi)をかれこれ10年以上使っている。これはこれで全然壊れないし元気に使えているから無理に買い替える必要もないのだけど。

Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO Windows,Mac対応 筋緊張20%軽減 8ボタン 高速充電式 2年間無償保証

BenQ製モニタをリサイクルに出す

新しいモニタも買ったことだし、前の前に使っていたモニタBenQ E2200HDはますます不要となったのでリサイクル回収してもらうことにした。

リサイクルの受付はBenQリサイクルセンター(025-525-1790)でやっているそうなので早速電話。型番とシリアルナンバーを聞かれたけど、型番しか控えてこなかったので、その旨を伝えると、とりあえず型番だけでいいとのこと。おそらくPCリサイクルマークがついているかどうかの調査に必要なのかなと。モノによっては同じ型番でも製造年月日によって対象なのとそうでないのとがあって、シリアルナンバーで切り分けるのではないかと。完全に想像だけど。

あと、事前に梱包もお願いされた。エアキャップでぐるぐる巻きにする程度でよいとのこと。まあ最終的には廃棄するわけだし、そんなに丁寧に包装してもしょうがないということか。最後に回収日を調整して申し込みはこれで終わり。回収日は最短でも申し込みから3日後以降になる模様。

後日、佐川急便が自宅に引き取りにきて終了。一応、家に余っていたエアキャップを巻きつけておいたけど、佐川の人からも、こんなんでいいんですか、と念押しされた。廃棄処分なのでいいんです、ということですんなり回収してもらえた。

DELL U2515Hを購入

自宅のMac mini(Late 2012)に繋げているモニタを買い換えた。買い換える前に使っていたのは約4年前に買ったASUS PA248Q。24.1インチで1920×1200。特に不満はなかったけど、できればもう少し解像度が高いやつがいいかと思い物色することに。

さかのぼってみると

2012年12月 ASUS PA248Q
2009年4月 BENQ E2200HD
2005年3月 BENQ FP931

と、約4年ごとにモニタを買い換えて来ているのでそろそろ潮時だったのかもしれない。

解像度が高いといっても4Kモニタはちょっと文字が小さくなりすぎそうなのと、そもそもMac mini(Late 2012)が対応してないだろうということで却下。その次くらいのWQHD(2560×1440)を対象にいろいろ探してみる。もちろん各メーカーいろいろあるが、EIZOなんかは高くて手を出せないので、コストパフォーマンスの非常によい、会社でもよく使っているDELLで探してみる。そうすると、候補は以下のあたりになることがわかった。

  • 27インチモニタ U2715H
  • 25インチモニタ U2515H
  • 24インチモニタ P2416D

まずU2715Hはさすがに画面が大きすぎて圧迫感もあるだろうしで却下。値段も他の2つに比べるとぐっと高くなるし。そうすると残るのはU2515HとP2416D。価格差は約1万円。最終的には画面の大きさでU2515Hを選択。24インチだと文字が小さくなりすぎのような気がして。

DELL直販でもよかったけど、Amazonでも取り扱っているのでそちらで購入。セットアップ直後はPA248Qに比べてちょっと黄色みが強いかと感じたけど、そのうち慣れて来た。画素ピッチも前のより格段に細かくて非常に見やすい。デザインもすっきりしていてとても気に入っている。

Dell モニター 25インチ U2518D(3年間無輝点交換保証/フレームレス/Dell HDR/WQHD/IPS非光沢/ブルーライト軽減/フリッカーフリー/DP,mDP,HDMI/高さ調整/回転)

自作Windows PCを処分

しばらく前から使ってなかった10年ほど前に組んだ自作WindowsPCを処分することにした。OSもWindows95だし、このまま持っていてもしょうがないだろう。ここ3,4年電源入れてなかったけど特に困ることなかったし。

本体はどう処分するかあとで調べるとして、まずはディスクの消去。SATA-USB変換アダプターでMacに繋いでディスクユーティリティで消去。オプションはDOE準拠(3回書き込み)を選択した。念のため、以前のブログを見返して見たけどその時もDOE準拠を選択してた。その上だと7回書き込みなので遅いんだよな。

今回はUSB3.0で接続したので500GBの初期化で10時間ほどかかった。