sysutils/portsnap

FreeBSDで proxyごしの CVSupについて

# otsune (2005-02-23(Wed) 01:45)
CONNECTメソッドをsquid.confで許可しないとダメかも?
でもhttp越しのportsツリー更新だったらsysutils/portsnapでいいのかも。

というコメントをもらったので,さっそく試してみることに。というかこんなのがあるとは知らなかったよ。squid.conf変更は管理者じゃないのでちょっと無理。

portsnapの公式(?)ページはこちら。

http://www.daemonology.net/portsnap/

とりあえず make installでインストールして /usr/local/etc/portsnap.conf.sampleをportsnap.confにリネーム。で,早速 fetchしてみると

graphite# portsnap fetch
Fetching snapshot tag... done.
Fetching snapshot generated at Mon Feb 21 09:22:09 JST 2005:
fetch: transfer timed out
graphite#

タイムアウトしますね…。

NetBSD-current(1.6.1)

連休で時間があるので、自宅の PCにNetBSD-currentをインストールすることにした。UNIX MAGAZINE 2003年8月号を参考にして、ざっと以下のような手順。

ソースツリーの取得

# setenv CVS_RSH ssh
# cvs -d :pserver:anoncvs@anoncvs.netbsd.org:/cvsroot login
# cd /usr
# cvs -d :pserver:anoncvs@anoncvs.netbsd.org:/cvsroot checkout src
# cvs logout

パスワードは anoncvs。

カーネルの構築

ツールとカーネルの作成。

# mkdir /usr/obj
# cd /usr/src
# ./build.sh tools
# ./build.sh kernel=GENERIC

うまくいかない場合は

# cd /usr/src
# cvs login
# cvs udpate -dP
# cvs logout

でソースツリーを更新して再トライ。
カーネルのインストール

# cd /usr/src/sys/arch/i386/compile/obj/GENERIC
# make install

再起動で新しいカーネルで起動

# reboot

ユーザランドの構築

# cd /usr/src
# mkdir /usr/NetBSD-new-build
# ./build.sh -D /usr/NetBSD-new-build build > build.log &

できたバイナリをインストールする

# cd /usr/src
# ./build.sh -D /usr/NetBSD-new-build -T /usr/src/tooldir.NetBSD-1.6ZC-i386 install=/ >& install.log &

SUPの設定


# mkdir /etc/supfiles
# cp /usr/share/examples/supfiles/sup.jp.netbsd.org /etc/supfiles/coll.list
# sup -sv

/etc/hostsに自ホストのエントリを追加しておくこと。