subversion 0.26インストール

そういう訳なので 0.26にアップデートしてみる.まずは apacheから

% tar zxvf httpd-2.0.47.tar.gz
% cd httpd-2.0.47
% ./configure --enable-so=yes --enable-dav=yes --with-berkeley-db=/usr/local/BerkeleyDB.4.0
(2行目は WebDAV,3行目は Subversionを使うためのオプション)
% make
% sudo make install

次に subversion本体.

% tar zxvf subversion-0.26.0.tar.gz
% cd subversion-0.26.0
% ./configure --with-berkeley-db=/usr/local/BerkeleyDB.4.0
% make
% sudo make install

以上で無事終了.

Mozilla Firebird

数日前,久しぶりに nightly buildをバージョンアップしたのだが,ごくたまにブラウザが強制終了してしまうようになった.特定のページを見に行くと落ちるわけでもないので,再現性はないようだ.ちなみにバージョンは

Mozilla/5.0 (X11; U; Linux i686; en-US; rv:1.5b) Gecko/20030727 Mozilla Firebird/0.6.1

です.

VMwareの作業用ディレクトリ

VMwareのデフォルトの作業用テンポラリディレクトリは /tmpとなっているようだ./tmpの容量が十分広くとってあれば問題ないが,自分のように /tmp含めて /が 200MBしかないとかなり死活問題である.これまでも /tmp容量不足で GuestOSを強制終了させる憂き目に何度あったことか.しかも /tmp使用量が増える契機がかなり不定期(に見える)なので,運用対処もままならないし.

前書きが長くなったが,作業用テンポラリディレクトリの変更は次の通り./etc/vmware/configに

tmpDirectory="/home/hoge/tmp/"

を追加すればよい(ディレクトリパスは環境にあわせて適当に).Googleで検索すると $TMPDIRにディレクトリパスを指定すればよいという記述も見掛けるが,少なくとも自分の環境(VMWare 3.0 Linux)では関係なかったようだ.