BMW F700GS オプションパーツレビュー(6) アールズギア スタンドハイトブラケット

BMW F700GSオプションパーツレビュー6回目はアールズギアのスタンドハイトブラケット。

スタンドハイトブラケット(画像はアールズギアさんのページから引用しました)

日本とドイツでは車両の通行帯が左右逆なので、路肩の傾斜も反対になります。サイドスタンドの傾斜は路肩の傾斜を考慮した設計になっているため(?)、路肩にサイドスタンドで駐車する場合、日本だと左側により大きく傾いてしまい、乗車してから車両をひき起こそうとするとそれなりに力が必要になるという話です。まあ、車両を立ててから跨るのが正しい乗り方なんでしょうけど、それでも駐車時にはスタンド自体に想定以上の負荷がかかってそのうち折れるかもしれないし。ということで、スタンドハイトブラケットはサイドスタンドに下駄をはかせて車体の傾きを小さくするためのパーツです。

が、正直、もう少し厚みが薄い方が使い易いかもしれないです。というのは、左への傾きが結構小さくなるため、地面が水平の場所に停める分には問題ないけど、少しでも左上がりのところに停めるとバイク本体が垂直に近い形で立ってしまい、反対側に倒れないか不安になります(まあ、そもそもそんなところに停めるな、という話かもしれないが)。また、サイドスタンドを払うときに、バイクをかなり垂直に立てていないと、厚み(というか面積の問題?)でブラケットが地面に引っかかってしまいます。自分はまだ初心者なので、バイクを垂直にすると反対側に倒しそうで怖い。

これは取り回しの時も問題で自分はサイドスタンド出しっぱなしで取り回すのだけど、自分の体に預けようとちょっとバイクを左側に傾けるとブラケットが引っかかってしまう。取り回し中に不意に引っかかってバランスを崩して立ちごけ寸前という怖い思いを何度かしました。

あと、そもそもそんなに路肩に停めるケースが多いか?という気もしますね。日本だと駐車場に停めるケースがほとんどだと思うので、路肩の傾きはそれほど気にしなくもいいのではないかと。

サイドスタンドを払って取り回せるようになれば、パーツのメリットも十分生きてくると思うけど、初心者に対してはそのメリットより立ちごけする可能性のデメリットのほうがまさってしまう気がするので、中級者以上向けのパーツかな、と思いました。

http://www.rsgear.co.jp/bmw/bb00-0004/

オススメ度 ★★☆☆☆

BMW F700GS オプションパーツレビュー(5) TOURATECH(ツアラテック)ハンドルバーライザー

BMW F700GSオプションパーツレビュー5回目はハンドルバーライザー。前回で純正パーツのレビューは終わりで、今回からサードパーティ製パーツのレビュー。

このハンドルバーライザはハンドルの位置を20mmアップすることで、ライダーのポジションをより直立させて楽にしてくれるためのパーツ。イメージはこんな感じ。

ハンドルバーライザー(画像はツラーテックジャパンさんのページから引用)

もともとハンドルの取り付け角度は手前にやや傾斜しているので、このハンドルバーライザーを取り付けるとハンドルがやや手前に20mm近くなる。地面と垂直に20mmあがるわけではない。

最初、しばらく乗っていてどうもハンドルの遠さが気になってきたので購入。自力では取り付け出来そうになかったのでディーラーにお願いして取り付けしてもらった。

で、効果はというとこれが抜群だった。格段にポジションが楽になり疲労度も激減。あと、以前は前かがみになっていたせいか、グローブがグリップと手の間で擦れて痛くなったりしていたけど、そういうこともなくなった。自分は身長180cm弱あるけど、全然こっちのほうが楽。なんかF700GSはハンドルバーの位置が必要以上に遠い気がする。R1200GSに乗る時はハンドルバーの遠さは全然感じないので。ということで、ガタイのいい人には不要だと思うけど、身長180cm以下の人にはかなりお勧めできるパーツだと思う。値段も5000円ほどでそんなに高くないし。

マイナス点は、部品個体差の問題かもしれないが、乗り出し直後は手がしびれること。エンジンの振動がハンドルを通して伝わって来て、休憩でバイクを降りるとしばらく手がしびれた感じになる。その日はそのうち慣れてくるけど、別の日に乗ると、最初はやっぱりそんな感じになる。ディーラーのメカニックにも聞いてみたけど、ちゃんと規定のトルクで締めてますよ、ということなのでたぶんそこは問題ないんだろう。まあ、それほど致命的ではなく我慢できる範囲内だと思うけど。

あと、この種のハンドルバーライザーはツアラテックからだけじゃなくて、他のメーカーからも出ているけど、違いはよくわからない。ツアラテックを選んだのも特に理由はない。なんとなくだったと思う。

お勧め度:★★★★★

https://www.touratechjapan.com/e-commex/cgi-bin/ex_disp_item_detail/id/01-048-0150-0/item/01-048-0150-0/subitem/01-048-0150-0/subitem2/01-048-0150-0/

BMW F700GS オプションパーツレビュー(4) 純正ハンドガード

オプションパーツレビュー4つ目は純正のハンドガード。

ハンドプロテクター(ラージ)。画像はBMW Motorradのページから引用してます。

見た目がよりアドベンチャーモデルっぽくなってかっこいいなと思ったのと、冬場の防風効果を期待して、これも車両購入時に購入。

で、実際の防風効果はというとやや微妙な感じでした。少なくとも冬場は普通に手の甲側は冷えます。手のひら側はグリップヒーターがあるのでぬくぬくですが、手の甲側は寒いです。

もちろんハンドガードがなければ風が直撃してもっと寒くなるはずなので、効果がないとは言いませんが、これさえつければ冬場も快適に走れます、という状態には程遠いかなと。

ただハンドガードの本来の機能は防風ではなくて、オフロード走行時に木の枝や跳ねる小石などから手を守ることだと思うので、防風効果がいまいちなのはしょうがない。そんなに寒いならハンドルカバーつけろ、というのが筋だと思う。

未装着時よりはきっとマシなはずという期待と、見た目は確実にかっこよくなるので、余裕があれば付けておいたほうがいいと思います。

おすすめ度: ★★★★☆(4)

BMW F700GS オプションパーツレビュー(3) 純正エンジンガード

レビュー3回目は純正のエンジンガード。

オフロードを走ることはないけど、立ちごけしたときのためにと思って車両購入時にあわせて購入しました。

結局のところ、立ちごけしたのは1回だけでしたが、このパーツのおかげで車体のダメージが軽減されたかというと、正直、効果のほどはよくわかりません。見た目的にはエンジンガードに傷はついてないので。

まあでも、精神的に安心できるパーツということで、不安な人はつけておいたほうがいいかもしれません。

純正エンジンガード(画像はBMW motorradのHPから引用)

おすすめ度: ★★★☆☆(3)

BMW F700GS オプションパーツレビュー(2) 純正ラージウインドシールド

今回はF700GSのスクリーンについて。F700GSに標準装備されるウインドシールドはこんなの。

純正スモールウインドシールド。画像はスモークタイプですが、標準装備されるのはクリアタイプです(画像はBMW motorradさんのページからお借りしております)

まるでメーターをガードしているかのような小ささ。これでは効果あるのかどうか疑問だったので車両購入時にラージウインドシールドに変更しました。ちなみにF800GSではこっちが標準装備だそうです。色はクリアとスモークが選べるので引き締まって見えるスモークを選択。スモークのほうが少し値段が高いですが。

こっちが純正ラージウインドシールド。

色はつきますが、自分は身長180cm弱あるのと、シールド自体の大きさもそんなでもないので視界を遮って見えなくて困る、ということはありませんでした。

で、肝心のウインドプロテクション効果はというと、微妙です。一般道を走る分には気にならないですが、高速で80km以上出すと風がバンバン上半身にあたります。ほとんどプロテクション効果を発揮してないんじゃないかというレベルです。

標準装備のシールドと比較走行したことないのでなんともいえませんが、これだけ風があたることを考えると、ひょっとすると高速走行時ではどっちのシールドでもプロテクション性能はあまり変わらないのかもしれません。

でも見た目は圧倒的にこっちのほうがかっこいい(と思う。もちろん主観ですが)ですし、下道走行時のウインドプロテクションは確実に標準シールドより高いはずなので、予算に余裕があれば変更することをおすすめします。

ちなみに更なるプロテクション効果を求めて、サードパーティ製のシールドもいろいろ調べてみましたが、これ以上シールドを大きくすると間延びした感じになって、フォルムがいまいち好みじゃなくなってしまったのであきらめました。

おすすめ度(5点満点): ★★★★☆(4)